(有)青谷製作所

サービスコインTOP

沢山のお客様に使って頂きたく努力しました

私達はコイン、メダルを作成する製造工場です。

コインを集客アイテムに使っている

コイン、メダルの受注が増える中、ある共通点が有る事に気付きました。

それは「コインをコミュニケーションツール」として使っている!という事です。

製作依頼の多くは店舗、中小企業が締めています。

弊社は製造工場ですので、思い切ってどのように使っているかが気になり、聞いてみたところ

「差別化が明確で、珍しい方法なだけに印象に残るサービスだ」ということです。

これは、私達が想像していなかった事です。

そこで沢山のお客様に使って頂けるよう、データ、金型の共通化により価格を抑える努力をしました。

コインを集客アイテムに使っている

コイン利用方法

他店と違ったアピール方法はないものか?

コインを集客アイテムに使っている

コインのご依頼を頂いたお客様のお話ですと

「集客方法を考える」そこが一番の頭痛の種ということでした。

今、主流のサービス、アピール方法と言えば

・ポイントカード・DM・メルマガなどがあります。

ですが、どこも行っていない「独自のサービスがしたい!」という事でした。

そこで・印象に残る・個性的・リピーターに繋がる etc...

「コインを配ろう!」と考えられたそうです。

コインを集客アイテムに使っている

コイン・メダルには様々な利用方法、アピール方法があります。

・完全オリジナルなのでオンリーワンであることにより印象に残る

・コイン一枚をポイント化することによりリピート、集客に繋がる

・コインをお金と同じ価値にし他店とは違うオリジナル営業システムで個性を出すetc...

コインにはこんな特徴があります

コインを集客アイテムに使っている

■ポイントカードの代わりとして

・意外と無くしやすいポイントカード

コインは自然と財布の小銭入れへとしまわれるので無くしてしまう事が減ります

・誰もが一度は経験しているとは思いますが(紙素材の場合)、衣類のポケットに入れたまま洗濯してしまい使い物にならなくなった経験があると思います。

コインはお金に近い感覚が有り、割と大切に扱われ無くしてしまう事が減ります

コインを集客アイテムに使っている

■DMの代わりとして

コインに情報を入れることが出来るのでDMの役割も可能

サイズが500円玉と同じくらいで場所をとりません

コインは珍しいので目立ち、インパクトを与えます

コインを集客アイテムに使っている

”コイン”は「なんとなく」いつもお財布に入っている

コイン製作を依頼されたお客様の店舗では「オリジナルコイン」をクーポン券の代わりに配るということをされていました。

お会計時にコインを渡した際、お客さんが一瞬「おっ!」という表情をし、今までと違った反応があり印象深く渡せ、とても評判が良かったそうです。

コインはカードと違い嵩張らず、お釣りの小銭と一緒にお財布にしまえるという必然性もあり、「なんとなく」いつも小銭と一緒にお財布に入ってる、入れておけるということから思い出してもらう機会が増え、この「なんとなく」が再度来店に繋がったようです。

そしてコインには様々な効果があり、例えば…

■アナログならではの「楽しさ・温かさ」が伝えられる。

■コインは硬貨の意味合いも有り「使ってみたい」と思わせる。

「コインを使ったサービス」は、今迄に有りそうで無かった事で、実は「新鮮さを感じられるサービス」なのだとわかりました。

弊社では、今迄作りにくかったコインを手軽に、またリーズナブルな価格で製作出来ます。

製作ご注文方法は、簡単に分かり易い「3ステップ」です。

詳しくはコイン作成~納品までをご覧ください。

コインのお問い合わせ

短納期ご相談ください。
自社工場ならではの スピードで対応します!

まずはお気軽にご相談ください。

運営会社:(有)青谷製作所 TEL:03-3268-5425
MAIL: info@aotanimf.com

※本フォームではご質問・ご意見を24時間いつでも受け付けております。
※お問い合わせへの返信は平日9時~18時までの間にさせていただきます。
(お送りいただいた内容によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

コインを集客アイテムに使っている

お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:03-3268-5425
MAIL
info@aotanimf.com

担当 川合まで

定休日
日祝/第1・3・5土曜

運営会社:(有)青谷製作所

動画

サービスコイン動画

コイン製作を簡単にまとまました。

動画にて
コインの特徴や製作の流れなどを
分かりやすく説明いたします。

運営サイトリンク

ページの先頭へ